Home > Tags > 比較

比較

各占い法を文字数に換算してみたら・・・

仕事上、鑑定士の先生とお話をする機会が多いのですが、皆さんおっしゃることは、相談者の人相や声からの情報が多いほど、的中率が高くなるそうです。

実際に目の前で鑑定する対面鑑定にはかないませんが、鑑定士と相談者の双方が映像を通して対話する映像鑑定は、対面鑑定に限りなく近い臨場感が味わえます。

開運ランドに参画いただいている鑑定士先生には、全国でプロとして活躍されている実力鑑定士が大勢います。
たとえば、CRYATAL8先生は福岡では有名な先生ですが、東京から福岡へ鑑定を受けに行くとなると、交通費や時間がかかってしまいます。
開運ランドの映像鑑定を使えば、今なら25%OFF(6/22まで)の7500円(40分)で、的中率抜群のCRYATAL8先生と自宅にいながらネット版対面鑑定=映像鑑定が受けられます。

計算高い(?)私の場合、どの鑑定方法を使うかは、各鑑定の一鑑定あたりの文字数を概算すると思います。
これってセコイかもしれませんが、わかりやすい選択法ですよ。

メール占いは一回往復のやりとりなので、当然鑑定文の文字数は限られます。先生によって差がありますが、
1000字~8000字位でしょうか。鑑定文を音読しても、1分~5分以内で読めてしまう文字数になります。

チャット占いになると、40分間先生とタイピングによる対話ができますので、メール鑑定よりずっと文字数は多くなります。ですが、タイピングの早さは先生によって個人差があり、タイピングの文字数は話し言葉より少なくなるのは否めません。音読時間に換算すると、10分~20分前後というところでしょうか?

電話占い・映像占いは音声による対話形式で40分間もお話ができますので、音読時間も40分です。文字数は・・・数えるのが疲れる程膨大な数になるでしょう。
さらに映像鑑定は映像による鑑定もプラスされ、より対面鑑定に近い内容になります。

結論として、開運ランドの4つの鑑定方法を、鑑定内容の文字数順に並べてみると、

1.映像・電話占い>2.チャット占い>4.メール占い

となると思います。
いかがですか?このように文字数として換算してみると、1文字あたりの単価(実際計算したことはありませんが)は、メール鑑定が最も高くなりそうです。

メール鑑定と電話・映像鑑定の料金差は、3000円~5000円程度。
鑑定内容の濃度や1文字あたりの単価で比較すれば、電話占いと映像占いが断然おトク!です。

6/22まで全鑑定25%OFF!のキャンペーン価格で鑑定が受けられます。
このチャンスに、どんどん電話・映像鑑定を体験してみて下さいね。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > 比較

検索
Feeds
META

上へ戻る