ホーム > 占い師一覧 > エリオン先生TOP > 占い師の日記
Bookmark このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

Calendar

2018 10
M T W T F S S
 
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

エリオン

エリオン 先生

幻視者エリオン

鑑定歴:25 年

在住:埼玉県

性別:男性

先生にメッセージを送る

鑑定方法への質問や日記の
コメントなどにご利用いただけます。

2008/07/11 17:18
サミットなんてもう止めよう

洞爺湖サミットが終わりました。

福田首相は大成功だったと自画自賛していますが、まあ当然ですね。

大失敗に終わったなんて主催者が言うわけがありませんから。

しかし、私の見るところでは、今回のサミットは失敗とは言えないじゃないかな。

失敗と言うと成功する可能性があったように聞こえるからです。

最初から何の意味もないものに成功も失敗もありません。

たとえば、世界注の金融市場の混乱については、首脳宣言では「深刻な緊張が依然存在している」と表明しただけです(東京市場では54年ぶりに12営業日続落を記録しているのに)。

そして原油・食糧高には「強い懸念」を示しましたが、具体的な対策は何一つとして提示されていませんし、ドル安問題にいたってはほとんど触れてもいません。

さらに、このサミットの目玉であった環境問題、特に温室効果ガスの長期削減目標とともに焦点だった今後10〜20年間の中期目標について、「野心的な中期の国別総量目標を実施する」との表記でお茶を濁しただけです。

当然ながら中国やインドの譲歩も得ることはできませんでした。

しかし、このような形で終わることは最初から予想されていました。

にもかからず、世界的なセレモニーだから開催しないわけにいかなかっただけです。

まあ単なるお祭りと考えればいいのかも知れませんが、それにしてはお金が掛かり過ぎでしょう。

今回のサミットに大体どのくらいの経費が投じられたと思います。

なんと600億円です。たった3日間のお祭りのために。

そして成果はゼロ。


長くなるので続きは明日。

2008/07/10 17:48
クレーマー・クレーマー

最近あるテレビ番組でいくつかのクレームの実例が紹介されていました。

それを見て考えたんですが、ひどい対応をする人はクライアント側にも店、会社側にもいて、彼らはみんな同じ種類の人間なんです。

要するに昨日、書いた石原さんのように自分のことしか考えない人なんですね。

相手の立場に立てないで、自分の都合ばかりを一方的に言い立てるわけです。

そして彼らは自分の非をまず認めません。みなさんの周りにもいるでしょう。

まあ、こういう人は一生変わらないでしょうね。

ただ、注意しなければいけないのは、私たちもクレーマーや感じの悪い店員になる可能性があることです。

自分の主張が客観的に見て、本当に正当なのかを常に問い直すべきでしょう。

ところで、上記の番組では、クレームへの対応も教えていて、もっともしてはいけないことは、問題の原因をきちんと解明せずにその場しのぎの解決を図ることだと言っていました。

本当にそうだと思います。

私も大分前に、ある銀行(eBan○)にサービスに不満を述べるために電話したことがあるんですが、その時の担当者はひたすら謝るだけで、こちらの話もまとも聞いていないような感じでした。

とにかくその場をやり過ごせばいいと考えていたんでしょうね。

これでは何の効果もありません。私に不満が残っただけです(ですからその銀行を利用するを止めました)。

クレームの対応で企業の価値が決まるということは良くいわれますが、これが本当にわかっている会社はそれほど多くないでしょう。

では。

2008/07/09 17:26
発言を誤魔化そうとするタレントたち

この間、あるテレビ番組を見ていると、石原良純さんがおかしなことを言っていました。

石原さんは、新幹線に子どもと乗った時に空いている指定席を見つけて、(指定席券なしで)そこに座らせたんですね。

するとそれを見つけた車掌に指定席だから駄目だと言われたんだそうです。

石原さんは空いている新幹線指定席に子どもを座らせて何が悪いと怒っていました。

しかし、言うまでないと思いますが、子どもを指定席に座らせる場合は料金を支払わなければいけません。

大体、空いている場合には無料で利用できるなんてものはどこにもないでしょう。

たとえば飛行機のファーストクラスの座席が空いていたら、そこに勝手に座らせてもいいんでしょうか。

よくいますね、石原さんみたいな、常に自分が正しいと思っている人が。

それからこの発言がネットで騒ぎになったのを見て、石原さんの事務所では、「子どもの指定席券は買った。大げさに言っただけ」と釈明しているそうです。

そんなわけないでしょう。誰が信じますか。

最近は何らかの失言をすると問題がすぐに大きくなり、責任だのなんだのと大変ですから、仕方がないのかも知れませんが、まったく潔くありません。

私は石原さんの発言自体よりも、それを誤魔化そうとするこうした姿勢のほうが問題だと思います。

そんな態度は政治家だけで十分です(そう言えば、石原さんの父親は都知事でしたね)。

子供に、インターネットがいけないとか、ビデオゲームがいけないとか、なんでも禁止、禁止と言い立てる前に、大人がこうしたごまかしを止めるほうがよほど教育に良いでしょう。

では。