ホーム > 占い師一覧 > 先生TOP > 占い師の日記
Bookmark このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録
詳しいプロフィールを見る

Calendar

2018 12
M T W T F S S
 
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

先生

鑑定歴: 年

在住:大阪府

性別:男性

先生にメッセージを送る

鑑定方法への質問や日記の
コメントなどにご利用いただけます。

2008/06/30 10:08
人のカルマ(2)

久々の日記更新となりました。

カルマというものは原始仏教を原点としたひとつの思想ですから、科学的に証明することのできないものです。
占い師の中にもそんなものはないとされる方もおられます。
しかしながら、人生はなかなか順風満帆とは行かず、ある程度の富や名声を得ているような人でも突然、不遇に遭うということがあります。
それらには何らかの原因があるはずです。
身に覚えのあるもの、そして、ないもの。
特にないものはなかなか受け入れることができないものです。
ですが、それをカルマとして受け入れることによって、心の整理を付けて、次の人生に一歩を踏み出すということが重要だと思います。
カルマというのは運命論や人を諦めさせる思想ではなく、心に整理を付けるための霊的真理なのだと私は考えています。

2008/04/17 19:57
人のカルマ(1)

カルマには現世カルマと前世カルマがあり、宿命に関しては前世カルマが影響しています。

皆さんが気にされる人の運命を左右するのは現世カルマの方です。

カルマの元になるものには心の三毒というものがあり、その3つとは貪欲、怒り、愚痴であります。

・貪欲とは身勝手な強欲のことです。
・怒りとは自尊心を傷つけられて怒る心の状態です。
・愚痴とは一般に言うグチではなく、真相を知らない愚かな心の状態を言います。

全ての人の不運、不幸はこれらが元で起こります。

親子や家族内で起こる悲惨な事件、無差別に起こる通り魔的事件など、最近は毎日、このような心を痛むことが続いています。

これらは全てカルマの元である心の三毒が原因している顕著な例と申せましょう。
人はカルマの塊と言っても過言でありません。
ですから、常に自分を冷静に、時に客観的に振り返ることが必要なのだと私は考えます。

2008/04/12 15:01
皆様、はじめまして、よろしくお願いします。

この度、開運ランドさんでお世話になることになりました鷲山と申します。

私の本業は占いではなく、本来は霊的な問題を解決することにあります。
10年ほど前から良くも、悪くも変なブームがあり、スピリチュアル・カウンセラーやスピリチュアリストなどという呼び名も随分一般化したように感じます。
ですが、最近は出過ぎたメディアの取り上げや関わる方々の発言などに批判が集まるようになってきていることも事実です。
私はそれを遅いぐらいだと思ってきましたし、その関係者の功罪も大きいと感じています。
本来、霊的なものを扱うようなことはメジャーになるべきようなものではなく、そういうことに人心が偏る社会が一種異常なことなのかも知れません。

霊が見える、感じることを一般的に霊感があると言われていますが、正しくはそれは霊感知という体質であり、これ自体は能力ではありません。
霊感知を本当の霊感にするにはそれなりの修行と経験が必要なのです。

私はこの世界に関わるまでの個人的に過酷な人生経験やこの世界に関わってからの特に修行や幾つかの宗教組織に関わってきた経験を上手く活かして皆様の問題解決に助力したいと思っています。
今も時々お声は掛かるのですが、現在は特定の宗教には一切、関わることはしておりませんのでご安心ください。
逆に宗教やカルトなどに関するご相談もお受けすることができます。
過去に何人もの方々を脱会させた実績もございますので、よろしくお願いします。

鷲山 合掌