ホーム > 占い師一覧 > 紫陽先生TOP > 占い師の日記
Bookmark このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

しよう

紫陽 先生

ムーンライト紫陽

鑑定歴:6 年

在住:福岡県

性別:女性

先生にメッセージを送る

鑑定方法への質問や日記の
コメントなどにご利用いただけます。

2008/10/30 14:57
案ずるより…です。


ものすごく久しぶりにAさんに連絡取れました。
ちょっとハッピーな気分です。
Aさんは、以前の鑑定事務所の大先輩で
鑑定士としてもものすごく頑張っていらっしゃいます。
イベントで1回と事務所で、数回お会いしただけで
あまり時間もなくゆっくりとお話する間もなく
連絡が取れなくなってしまっていたので。

最近、お互いの共通の友人に連絡先を聞くことができたので
思い切って連絡してみました。
実は、連絡するまで、なんだかおこがましくて
小心者になってしまって随分躊躇していました。
10日くらい迷っていたかもしれません。

本当に数年ぶりだったのに
気持ち良くお話ししてくださって嬉しかったです。

連絡してみて良かったと思いました。
案ずるより産むが易し。
今年の私の運気は、前進なので仕事の幅を広げたくて
自分が大きくなりたくて信じて連絡して良かったです。
これからたくさんお話できることが楽しみです。

2008/10/28 15:06
ちょこっと感謝の時間


今日は、対面鑑定がお休みだったけれど
マンションが断水だったので
トイレに行くのも不便だと思い
色々と仕事はあったものの思い切って外出しました。
ちょっと、天神辺りでお買い物。

ヨーロッパ調のインテリアショップが
改装バーゲンをやっていったのでのぞいてみました。
やっぱり落ち着くのよね…この空間。
ヨーロッパ調のインテリアに囲まれていると幸せな気分になる。

欲しいものだらけだけども今日のところは
カップだけ購入しました。
薔薇柄の落ち着くものを2客。
コーヒータイムが楽しくなりそうだわ。


しかし、この便利な世の中
水が出ないことくらいで大騒ぎよ。
蛇口ひねって水が出ないなんてありえないから。
本当にこの便利な世の中と生命の根源水に感謝の1日でした。
ちょっと、至福の時間を体験しながらも
時間を気にしながら帰りました。

2008/10/27 14:05
とりあえずが多分良くない


整理整頓が苦手気味の私なので
お掃除してもなんかイマイチ
ピリッとした出来上がりの部屋にならない。
ごそごそと隅っこに物体の小山があったりしがちで。

これの諸悪の根源は
何かを買ったり貰ったりした時に
すぐに使ったり食べたりするものはいいのだが
今すぐに要らないものは
とりあえずその辺の端っこに
見栄え悪くない程度に置いておく。
そして、そこを基地のように次のものを
何気においてしまう…。
これの繰り返しで小山ができてしまう。
テーブルの端っこ、机の端っこ…。
つい、小山がちになってしまう。

そして、気が付いた時は
信じられないくらいいらないものが混じっている。
これのくり返しかもしれない。
今日もほんの少し小山を整理してみた。
やっぱりあった…。
こんなもの、後生大切にしていたのか?私…。
と思うような品々。

見渡せば、あるある!!
それぞれの部屋にこっそりととりあえずの小山。
小山退治に勤しんでみます。
諸悪の根源となる“とりあえず”を
何とかしなければならないのでしょう。
かなり難しい課題です。
しかし、気のいい部屋にはいい気が入る。
反省しつつ心して頑張ってみます。

2008/10/24 17:28

自分が熟年という年齢に近くなってきたから
擁護するわけではないが
年齢には年齢に合った素肌がいいのではないかと思います。
もちろん、すべすべピカピカがいいのですが
微妙なニュアンンスの若さと衰え。
これが大切だと。
時々、女優さんなんかを見ていて思うのですが
もちろん、女優さんは自分が商品なんだから
綺麗でいるのが仕事でもあるわけで
エステなんかもあらゆる美容当り前でしょう。
一見、凄く肌が綺麗で若く見えて素敵な女優さんが
微笑んだ時にちらっと出てくる目尻の皺なんて
年齢的でいいなと思う事があります。
だてに年取ってるわけではないと言っているような
年輪チックなとこ。

ふと、一瞬回想が走った…。
10年ほど前……。
私も、その頃は、今よりは十分に10年分若かったわけで。
元々、乾燥肌で顔に脂肪も少ない体質です。
思いっきり笑うと目から頬にかけて
多数の皺が出現した。
これは、体質で仕方がないもので。
しかし、しかし、それなのに…。
或る男性にそれがさも“ばばぁ”のように言われた!!
おまけに、黒大好きな私の服にもいちゃもんつけてきた!
誰が、あなた好みに頭の先から足の先まで変えられますかって!!
失礼ながら、あなたの服の趣味も私キライでした。
って、ホント一緒になるような事がなくて良かった…。
どうぞ、柳原可奈子さんのような皺の出ない方をお探しください。
あー忘れよう、削除削除!
ついでとはいえ、つまらないこと書いてしまいました。

美しい肌を保ちながら
上手に年輪を増やしていきたいですね。
味のある皺を。

2008/10/23 15:01
元気になりましょう


天気予報は、ことごとく雨のようなカンジだったけれど
何とかお天気持ちました。
どうしても今日は晴れて欲しかったので
ちょっと感謝しております。

昨日までのストレス病もなんだかかなり緩和しております。
原因は、わかっているのだから
自分がいかに上手く対処するかだけの問題なので。
この問題は、私が一生もしくは半生をかけて
解消しなくてはならないカルマ的なものなので
自分で解決するしかないのです。

とにかく、疲れをとって寝ようかと…。
まあ、寝ようと思わなくても
魂が疲れているので
いつでもあっという間に眠れるのですが。
後は、笑うこと。
笑えなくても口角を上にあげてみること。
口角が上がっていることは人相的にもいいことだし
脳の博士茂木先生がおっしゃっていたことに
口角を上げると脳も嬉しいと思って脳波を出すらしいとか。
脳が表情を作ることの裏返しで
表情が脳をコントロールできるらしい。

泣きたい時は
思いっきり泣いて
その後、思いっきり笑顔を作ってみしょう。
きっと、さっぱりと心地よい気分になれるでしょう。

2008/10/21 15:27
私にもストレスくらいは…


まあ、信じるも信じないも個人の勝手ですが
私は、カルマというものはあると思っています。
少なくともこの十数年以上は。

これを越えなくてはならない。
解消しなければならない。
越えるために生まれてきたのだから
かなり過酷なのはしょうがない…。

私のかなり身近の越えなくてはならない
もっとも大きな人間関係のお陰で
かなりのストレスを感じている…。
しょうがない…わかっちゃいるけど
かなり弱っている。
紐解けば、何百年以上も絡みに絡んだ因果のようだし。

私が鑑定士じゃなかったら
何にも知らなかったら
もっとまともにぶつかっていただろうし
破壊してまた振り出しに戻っていたかもしれない。


肉体に比べ意外と強靭な精神力を持った私でも
以前も仕事のストレスとかで(ずっと前の職で)
愕関節やったり変な皮膚病になったりしたことあったけれど
今回のは、かなり手強い。
魂が疲れているのでとても眠い…。
いつでもどこでも休もうとしている。

それでなくても
心地よい鑑定所。
空き時間にうとうとしている姿を目撃したら
起こしてください…。
もちろん、鑑定中は、しっかり集中していますよ♪

2008/10/20 15:11
女友達

久々にA子ちゃんが我が家にやって来た。
ワインとチーズをご持参で。
昼から思いっきりワインパーティ。
最近、なかなかの出不精で疲れやすかったので
いい刺激となりました。

長い付き合いというものは
いいものだなっと思いました。
なんか、すごく楽。
結構、ボロボロなところを見られても
えぐい心情を見たり見せたりしても
なんだか平気。
穏やかな時間を過ごせました。

彼女の手相がしっかりしてきて
働く女になっていました。
お互い、専業主婦っていうのもやってみたいのですが
そんな甲斐性のあるダンナがいればね…。

恋愛の方も
今好きな人とゴールは見えなくとも
一途に頑張ってみるらしい。

若い頃あんなに頼りなかった彼女が
こんなにしっかりしてきて
本当に私が嬉しいくらい。
励みになります!!
私もさらにパワーアップしなければね。

2008/10/16 14:37
早婚か晩婚か


若い時は、どうしても結婚が
ゴールに見えてしまうことがある。

一度結婚してしまえば
単なる通過点でしかない
ということがわかると思うが。
ある人は、結婚した事を
悔いるかもしれない。
ある人は、家庭に喜びを
みいだすかもしれない。


先日、実家周辺を歩いていたら
ん…?遥か彼方の同級生かもしれない…と
思われる女性と道の反対側の方で
すれ違った。
小さな子供達を連れていた。

服の趣味は、ややおばちゃんぽかったけど
派手なカンジだった。

そして、遠くに聞こえた子供の口からもれた言葉は
「おばあちゃん…」だった。

お・ば・あ・ち・ゃ・ん!?
...... ( ̄□ ̄)!!


そう…彼女は、確か
成人式で見かけたのが最後で
その時すでに子供がいた。
女の子だったと思う。
その娘も早婚だったとしたら
この年にして
おばあちゃんも有り得る…。

結婚の時期ひとつで
色々な人生がある。

今、この時点で
独身・キャリアウーマン
子供の居ない夫婦
子育てに翻弄している主婦
そして、おばあちゃんになって孫の世話をしている。


結局は、ないものねだりをせずに
いかに幸せを感じるか…。
ではないでしょうか。

2008/10/14 15:36
連休明けは


連休明けの火曜日は、とてつもなく忙しい…。
っていうか、連休取って休んだのだからしょうがないけど。
家人のお誕生日もお祝いで実家に帰って
の〜んびりと何もせず過ごしてしまった。
夕方からは、運動不足解消に甥っ子達とキャッチボール。
といっても、ほんの一瞬だけで
中学生になった姪っ子の方が私より上手いので
交代してのんびりとブランコに乗ってしまった。
ひっさしぶりのブランコ
なかなか快感!

とは言っても、この暑さ寒さの不規則な気温に
やはり体調を壊していたので
キャッチボールも1日きりでした…。
風邪薬を飲んでごろごろしてました。

何とか体調を薬で維持しながら
たまった仕事に着手する。
家内制手工業のため
鑑定所に貼るPOPの制作。
他の先生の期待を背負いながらせっせと制作。
一応、これでも鑑定所では一番の若手なので
できること頑張ってます!

それをクリアして今度は
ちょっとたまっていた仕事。
一気に気合を入れて頑張ってみます…。

2008/10/09 15:04
諦めない


世の中世知辛く明るいニュースのない今日この頃。
株価ぁ?急落ぅ?
大騒ぎしなくて皆が普通に過ごしていたら
何とかなりそうな気もするけれど…。

そんな中、ノーベル賞きましたね〜。
日本人一気に4人も!!
天晴れ!!

ふと、拝見していて4人の共通点のようなことは
多少、変わっているかもしてないけれど
しっかりと自分を持っていらっしゃって
周りに流されないこと
ポジティブで諦めないところ。
どんなに結果が出なくても信念でやり遂げたところ。ですね。
人に直接迷惑をかけないことで
諦めないことがどんなに難しく素晴らしいかを
実証してくれました。
明るい未来を信じて諦めずに
自分の突き進むべき道を突き進みましょう!
必ず道は開けます。

って言っても
ストーカーや相手が嫌がっているのに無理な恋愛などは
単なる執着なので潔く諦めましょうね。
振り切ることで新しい道が開けるのです。

2008/10/07 16:12
はまると怖い仮想体験 4


父親に引き取られた子供達は、
大好きだった母親が自分たちを選んでくれなかった絶望感と
捨てられたという恨みに似た感情を残し
母親に引き取られた子供達は、
一緒に住んではいるものの
自分たちの方をちっとも見てくれない母親に
寂しさと孤独感を覚えいつも泣いている。


今でも彼女は、バーチャルな世界にのめり込んだまま
携帯代と生活のために働いている。
子供は、携帯の画面しか見ていない母親に
すがりたい、甘えたいという気持ちを押し殺して
毎日ひとりで食卓についている。
彼女が現実を見る事ができる日はいつのことか。

そして、双方の親類・家族
親身になって一生懸命にフォローしてくれていた友達
かけがえのない子供達…。
失ったものの大きさを知ることになるのでしょう。

2008/10/07 16:11
はまると怖い仮想体験 3


もはやそこには母親としての彼女はいませんでした。
バーチャルな恋愛に狂い咲きした「女」がいただけでした。
夜な夜なの携帯で覇気がなく化粧気もなく
それを隠すため帽子とサングラスをいつもかけて。
さらにあろうことか、バーチャル恋愛の中の一人と
実際に会ってしまいました。
お互いの素姓は、もちろんバーチャルのまま。
ただ、体を重ねるためだけに会う日が続きました。


そして、夢覚め遣らぬ間に離婚。
あんなに大切にしていた子供達も
菓子でも分けるかのように好みで夫と親権を分けあったと…。

事情を知らない人達は、大切な子供の親権が取れなくて
兄弟が別れて離れ離れで可哀相と彼女と子供達を哀れんだ。
事情を知っていながらも、
彼女の事を少しでも不憫だと思った友人達からのカンパも
月々5万円以上もかかっている携帯代へと消えていった。


父親に引き取られた子供達は、
母親が自分たちを選んでくれなかった絶望感と
捨てられたという恨みに似た感情を残し
母親に引き取られた子供達は、
自分たちの方をちっとも見てくれない母親に
寂しさと孤独感を覚えいつも泣いている。

2008/10/06 16:11
老い 2

つづき…

別世界にさえ思える芸能人でもそのような
“老い”からは逃げられないのに
普通の人々にはもっと身近なものです。

先日、お見舞いに行った親戚も
病状が芳しくありません。
苦痛な治療を繰り返し続けています。
また、いつも元気に話している親戚も
電話を貸してと言われて携帯を貸してあげたら
何回も「もしもし」と繰り返したり
「出ない」と言ったり
途中で「切れた」と言ったり。
そんなに電波は悪くないと思い
私がかけてみると
すんなりつながって相手の声もよく聞こえる。
もしや…と思っていたことは、現実のようでした。
多分、耳の聞こえがあまり良くないのでは…。
おそらく、本人は気が付いていないのでしょう。
私もそっとその思いをしまっておきました。

避けられないこととはいえ思いっきり現実なのですね。
自分の年齢が上がってくるにつれて
ますます周りから現実的な問題と感じてきます。

2008/10/06 16:09
老い 1


ほとんどの人が時折、“ボケ”をして
自ら”何してんねん!?”みたいな事ってありますよね。
よくあるのが、わざわざ別の部屋にやってきて
“あれ?何しにきたんだったっけ????”的なこと。
私が何回かやってしまった”ボケ”は
コップを食器棚にしまおうと思って
冷蔵庫を開けて入れようとしたこと…。
独りボケ・ツッコミしてしまいました。

まあ、そんなボケは可愛いもので。

そんな中、TVで長門裕之さんが
愛妻南田洋子さんの病状を語っていました。
どんどん色々なことを忘れていく…と。
とっても元気そうな映像の記憶しかないので
凄く複雑な意外な気がしました。
人は、誰でも生まれた瞬間から死・老いに向かって
進んでいることなのでしょうがないのだけれども。
なんだか、嘉門さんの“南田洋子は長門の嫁さん〜♪”という
フレーズが懐かしく思い出されました。

2008/10/02 14:26
Good-bye hero


先日の王監督の勇退に続き
野球の清原選手が引退しました。

私は、スポーツにあまり興味もなく
自分がすることも観ることもほとんどありません。
しかし、実は以前清原選手の大ファンだったのです。
特に西武時代の。
どこからか回ってきてサインも持っていたくらいです。
西武&ダイエー戦は、何度もドームに行きました…。
という過去を持っているのです。

偉大な選手にもかかわらず無冠の帝王というところも
なんか好きでした。
日本でプレーしている選手の最高の大物選手だったと思います。
イチロー選手もわざわざ来日したくらいに偉大なイベントでした。
イチロー選手が言っていた
王監督に続き、“数少ない尊敬できる野球人”のひとりでしょう。
偉大な人は、素晴らしい人とつながっているのでしょう。

王監督が、清原選手に贈った言葉も素敵でした。
来世では、是非ホームラン合戦をしてください。

さようなら永遠のヒーロー。